6ヶ月経過

肥満細胞腫の切除手術をした5月28日から6ヶ月が経過しました。

その後多発性の再発と思われる腫瘍が次々と出現して、5個の腫瘍を抱えたまま再手術・痛みや強い副作用を伴う治療はしないという選択をしました。
現在も1日おきに1mgのステロイドと1日1mgの抗ヒスタミン剤は続けているので、全く治療をしていないとはいえませんが、積極的な治療というより、気休め、お守り的な感じでしょうか・・・。

今現在、5個の腫瘍は消えてどこにあったのかさえ全く分かりません。
身体の中では癌細胞が息を潜めて隙を狙っている状態かもしれませんが、見た目はごく普通の11歳のジャックラッセルテリアだと思います。(唯一尻尾のハゲが気になるくらいで・・・。)

途中40日ほど療法食に頼った時期もありましたが、手作りご飯を始めたのが6月4日ですから、こちらももうすぐ半年になります。
諦めていた訳ではありませんが、頭の片隅には「せめて食べられる間は美味しい物、喜ぶご飯を食べさせてやりたい。」という思いで続けて来ました。
最初はとにかく栄養のことなどは気にしているゆとりもなく、ただ癌の栄養になる糖質を減らすことのみ考えてのスタートでした。
栄養を断たれたことによって癌細胞が弱ったのか、当時与えていた数種類の癌に効くといわれているサプリの効果だったのか、ステロイドの効果なのかは不明ですが、とにかく腫瘍は段々小さくなり、今現在どこにあったのか全く分かりません。
本当に感謝の日々です。

でも「いつ再発するか分からない。」という恐怖が消えたわけではなく、毎日身体を撫でながら無意識に腫瘍がないか探してしまいます。
再発の恐怖は今後もずっと続くと思いますが、今の平和な日々が一日も長く続くこと願ってやみません。
[PR]
by mufmin | 2010-11-30 20:29 | その他