2015年4月6日 嘔吐と軟便

朝ベッドの中で5時40分と6時に黄色の液体を嘔吐。
そのままベッドで抱いて落ち着かせていたけど、6時半にバタバタし始めたのでリビングに連れて行き、床に下ろした途端トイレに駆け込んで水分の多い軟便。
トイレから飛び出してテーブルの下へ移動して、少しの軟便といきんだ勢いでオシッコも。
また移動して残りを搾り出した軟便少し。
便を保管して朝ご飯抜きで受診することに。

便の細菌が若干多いけど、特に悪い物は出ていないそうで、下痢止め等の必要もなく、嘔吐改善のため胃粘膜保護の薬を3日分処方してもらいました。
尿検査結果もいつもより少し比重が高めだったけど他は異常なし。
軟便対策としてご飯をいつもの7~8割程度にして様子をみるようにとの診断。


15.4.6 治療費N動物病院(Muffin15歳7ヶ月)
診察料864円 糞便検査864円 尿検査864円
処方薬胃粘膜保護の薬3日分3錠259円 
合計2851円

※朝排泄後、朝食前、体重6.065kg

受診するたびに体重が増えてます。
軟便対策でご飯の量を減らし、脂肪も控えることでカロリーが下がるので、体重が落ちることが予想されますが、増え過ぎた体重を落とすのにちょうど良いかも?(笑)

軟便はご飯の脂肪を抜いて量も80%程度にして3日ほどでほぼ完治しました。

[PR]