2015年8月4日 経過チェックのための通院と尿検査

1日から始めた皮下輸液。
夕方自宅で初トライの時は、余裕がなくてバタバタ。
Muffinは大人しかったのに、私が上手くできなくて2回針を刺すことになってしまった。
それでも多分100ml入れることができなくて終了。
80mlくらいは入ったかな~?
その後ネットで動画を見たりしてお勉強。

2日からは輸液バッグの重さを輸液の前後で量り、入れた量を確認しています。
一日のオシッコの量も把握したくて、1月から量るようにしています。
散歩中のオシッコの量は見た目で予想しているのでアバウトですが、自宅トイレでするオシッコに関してはトイレの中でぐるぐる回り始めると小さいタッパーで受け取っています。
我が家では人間のトイレの中に専用のキッチンスケールを置いて、オシッコをキャッチしたタッパーの重さを量り、タッパーの重さを差し引いてオシッコの量を出しています。
厳密に言えば、オシッコの場合1g=1mlではありませんが、大体の量は把握できます。
予断ですが、タッパーでキャッチしたオシッコは重さを量った後人間のトイレに流すので、布シーツの洗濯はその分楽になりました。(笑)
とはいえ、同居犬が回数多くするので、毎日1~2枚は洗濯しています。

N先生から「様子を見たいので4日に連れて来てください」と言われていたので昨日受診。
自宅での輸液が問題なく出来ているかの確認と、6日〜10日まで病院がお休みなので、追加の薬と輸液セット(輸液バッグと必要回数分の針)をいただきました。
休み中少し不安もあるけど、今の感じだと大丈夫そうです。
オシッコのタンパクも3日輸液しただけで(++)から(+)になっていたので、効いているようです。
比重も輸液をしても1.028だったので、まだ腎臓さん頑張ってくれてます。

「一日2回100mlずつの輸液でこのまま継続。でももしMuffinが嫌がったら無理やりしなくても良いですよ」
と言っていただき、Muffinの状態が切羽詰っている訳じゃないんだな~と感じることが出来て、ちょっとホッとしました。
病院の休み明けに次回受診の予定です。

通院の時に使っているキャリーバッグの中で輸液しているんですが、輸液バッグを吊るしてバッグを床に置くと、Muffinは自分からバッグの側に来てくれます。
バッグに入れて伏せの体制にしてから輸液をしていますが、大人しくしてくれるので私一人で出来ます。
嫌だったらバッグを見ただけで逃げちゃうと思うので、このまま嫌なイメージをつけないで続けていけたら良いな~と思います。


15.8.4 治療費N動物病院(Muffin15歳11ヶ月)
診察料540円 尿検査864円 
エナカルド錠2.5mg14錠1814円
皮下輸液セット500ml4個針20本2160円
合計5378円
[PR]