2016年3月5日 心臓腎臓他定期検査

4週間毎の定期検査。

血液検査の特に気になる項目

BUN 21→23
Cre 1.6→1.1
TP 6.9→6.4
Alb 2.2→1.9
GPT 314221
RBC 594→477

尿検査結果

pH値6.5
タンパク(-)
比重 1.020


体重6.17kg→6.17kg


腎臓系の数値は問題なし。
ちょっと上がっていたクレアチニンも今回は下がっていてホッとしました。
GPTも下がっていたのでかなり嬉しい!
しかし、前回2.2になって喜んでいたAlbが1.9とまた下がっていてガッカリ。
そして改善していた貧血がまた悪化。
現在1日1包飲ませているレンジアレンを1日2包にしてみることにしました。
薬と同時に摂取できないので、ちょっと与え方が面倒ですが、これで貧血が改善したらヨシ!としなくちゃね。

かなり前から朝の空腹時に嘔吐することがありましたが、頻度が増えてきて、日中でも逆流することが多くなり、気になっていました。
2月26日、輸液を処方してもらった時に、胃酸を抑える薬(ガスター)を処方してもらいました。
腎臓が悪くなると嘔吐が増えるのはある程度仕方がないようですが、やはり見ていて可哀想です。
原因は酸性の体液を腎臓から排出できなくなって胃酸過多になることとBUNなどの老廃物が排出されないことにより気分が悪くなるかららしいです。
Muffinの場合は輸液効果でBUNが抑えられているので、主に胃酸過多が原因だと思います。
ガスターを飲ませてみて、以前よりは逆流の頻度が減ったので、このまま続けて様子を見ることにしました。
私自身が逆流性食道炎で処方されているファモチジン錠がガスターと成分が同じなので、それを5mg飲ませても良いと先生の了解をいただいたので、しばらく継続してみようと思います。

※ネットで調べた情報ですが・・・
犬に人間用のガスター等胃酸を抑える薬を与える場合、体重1kgに対して0.5mg~1mgを処方するようです。Muffinの場合体重6kgなので3mg~6mgということですね。


16.3.5 治療費N動物病院(Muffin16歳6ヶ月)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円
処方薬エナカルド錠2.5mg28錠1mg14錠5141円
皮下輸液セット500ml3個針15本ライン1組1620円
合計13349円

※朝食前、排泄後、輸液114ml注入後 体重6.17kg


16.2.16 輸液のみ処方
皮下輸液セット500ml4個針20本
合計2160円

16.2.26 輸液と薬のみ処方
皮下輸液セット500ml4個針20本2160円
セミントラ4320円 ガスター20mg2錠(8日分)173円
合計6653円




本日の血液検査結果

WBC 90→61
RBC 594→477
HB 15.5→12.2
HCT 45.9→38.3
MCV 77.3→80.3
MCH 26.1→25.6
MCHC 33.8→31.9
PLT 8.8→41.9
Glu 91→74
T-Cho 231→195
T-Bil 1.1→0.2
BUN 21→23
CREA 1.6→1.1
TP 6.9→6.4
ALB 2.2→1.9
GOT 32→23
GPT 314→221
[PR]