13日と14日通院

13日
昨日は発作が治まった後ぐったりだったのに、今日は朝から歩き回って止まらない。
何度ベッドに寝かせても起き上がって歩き回る。
異常とも思える多動行動にサインめいた物を感じてしまった。
「河川敷へ行こうか?」
ずっと連れて行ってやりたかったけど、発作を誘発するのが怖くて連れて行けなかった河川敷。
今日なら行ける・・・今日を逃したらもう連れて行ってやれる機会はないかもしれない。
そういう思いに突き動かされた。

e0202201_1246464.jpg


でも天気はピーカン!暑過ぎました。
草がボーボーで歩きにくく、家で歩き過ぎて疲れていたので転んでばかり。
早々に退散。

帰宅後は疲れてしまったようで、ぐったりでした。
酸素缶を口元で噴射してやり、ゆっくり休ませました。

夕方になるとまた動き回り、発作を誘発するんじゃないかとヒヤヒヤ。
この多動行動そのものが発作の前触れなのか?と思ったり・・・。
自分でも何がしたいのかわからず行動しているような気がします。
朝排便1回やわらかい便。
自分から食べたのはボーロとりんごペーストと生のりんご。
カロリーエースと微温湯で溶いたチューブダイエットキドナをちょこちょこと飲ませました。

14日
夜中の2時過ぎに起きてオシッコ。
喉が渇いているかもしれないと思ってチューブダイエットを飲ませたが、覚醒させてしまったのか?それから寝ないで困った。
姿勢を変えてやったりベッドを変えてみたり、思いつくことは試してみたが全く寝ない。
朝になり、ボーロやりんごペーストにがっつくので、チューブダイエットを与え、輸液をする。
輸液を始めるといつも寝て、終わってもしばらくの間寝ている。
やっとホッとすることが出来た。

9時前、キャリーバッグに入れて病院へ。
少し待ち時間があったのでその間もバッグの中で熟睡していた。
体重5.46kg。また痩せた。
ボーロやりんご以外液体でしかカロリーを補っていないので、必要カロリーには到底足りていない。
痩せて当たり前と言えば当たり前か・・・。
輸液に気管支拡張剤と循環を良くする薬を添加してからの変化について聞かれた。
12日に震えのみの発作があったが血管拡張剤を飲ませずに30分ほどで治まったことを伝え、引き続き輸液に添加してもらうことにした。
ぐったりして動かないか、異常な多動のどちらかの状態であることを伝える。
毎日今日が最期かも?と思っていることを伝えると、いつと言うことは難しいが、大きな発作が来たら本当に危ない状態だと言われた。やっぱりね・・・。
数日前から肥満細胞腫と思われるできものがまた1個増えたことを伝え診てもらう。
耳の付け根後ろ側に2センチほどの赤いできものが出来ている。
見つけたときからビクタスクリームを塗布しているが、大きくもならないが小さくもならない。
自壊してしまったら受診するように言われた。
6年前もそうだったが、Muffinの肥満細胞腫は多発性。1個出現すると次々と出てくる。
今回の1個目を見つけた時は「なんで今?」と言う感じでショックが大きかったが、今のMuffinは肥満細胞腫で命を取られることはないと思っているので、昔ほどの動揺はない。

1個目右耳の付け根前側
e0202201_13302377.jpg


2個目胸
e0202201_13315737.jpg


3個目右耳の付け根後ろ側
e0202201_133433.jpg


帰宅後またまたスイッチが入ってしまったようで、動き続ける。
チューブダイエットを飲ませ、口を開けさせて缶詰を少し食べさせる。
自分から口を開けて食べることはないが、口を開けさせ、中に入れると吐き出したりせずに食べるので、無理にならない範囲で様子を見ながら食べさせてみようと思う。

寝かせても寝かせても起き上がって歩き回る。
息が荒くなってきたので、キャリーバッグに入れてみた。
予想通り寝始めたので、窮屈で可哀想だと思いクレートに移動させた。
目は開けているがジッと大人しく横になっている。
可哀想な気もするが、多動行動が激しい時はこの手が良いかもしれない。

16.5.14 治療費N動物病院(Muffin16歳9ヶ月)
診察料540円 
皮下輸液セット500ml2個針8本
利尿剤・胃腸薬・気管支拡張剤・循環を良くする薬を添加して2052円
ピモベハート錠1.25mg8錠1037円
エナカルド錠2.5mg7錠907円
合計4536円

16.5.11 輸液に薬を添加
輸液に添加の気管支拡張剤・循環を良くする薬216円

16.5.10 輸液と薬のみ処方
皮下輸液セット500ml2個針5本
利尿剤・胃腸薬を添加して1944円
ピモベハート錠1.25mg12錠1556円
合計3500円
[PR]