<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一日二回100mlの輸液を開始して17日経過しました。
1日の血液検査で一気に上がっていたBUNの数値が、輸液をしたことで改善されているかどうか、万が一もっと悪化していたらどうしよう?という不安を抱えつつ、昨日受診してきました。

心臓の聴診は特に変化なし。

血液検査結果

BUN 118→44
Cre 2.3→1.8
TP 6.5→6.5
Alb 1.7→1.7
GPT 218→237


尿検査結果

タンパク(+)
pH値 7.0
比重 1.022

輸液効果、しっかり出てくれていました!
BUNは下がってくれるかもしれないけどCreは無理だろうと思っていましたが、どちらもちゃんと下がってくれていて、Muffinと一緒に頑張った甲斐がありました。
尿検査はやはりタンパクが(+)で比重が軽めですが、1日に(++)だったことを考えると、今の時点ではまずまずらしいです。

今回の結果から、輸液は一日二回100mlずつ継続することになりましたが、液の落ちが悪い時など無理してしなくても良いと言っていただき、少し肩の力が抜けました。
Muffinの痛々しい針の痕を見ていただき相談すると「細い針にしますか?時間がかかるけど」とのこと。
「細い針なら痛みが少なくてMuffinの負担が減るかな?」「でも時間がかかると逆にストレスになってしまうかな?」と悩みつつ、とりあえず今までの18Gから21Gの針に変更していただきました。

夕方の輸液から細い針に変更。
太い針だと100mlを入れるのに2~3分程度だったのが、細い針だと6~7分かかりました。
昨日の夕方は針を刺す時全く痛がらなかったので、やっぱり細いとこんなに違うんだな~とビックリ。
でも今朝はちょっと痛そうな顔をしたので、細い針でもやっぱり刺し方で痛みがあるようです。
針を刺すんだから、痛くないってことはやはり有り得ないですよね。
毎日我慢しているMuffin偉いな~!と改めて痛感しました。
針の刺し方が下手な私が悪いんだけど、やっぱり細い方が痛みも少ないだろうから、このくらいの時間差なら痛みが少ない方が良いね!

BUNとCreの数値は改善されていましたが、貧血は悪化していました。
対策としては成分が鉄であるリン吸着剤を開始すること。
1日の受診時にも腎臓対策と貧血に効果があるということから、リン吸着剤について提案されていました。
ただ、他の薬と1時間以上空けた方が良いということから、とりあえず輸液を開始したのです。
また薬が増えてしまうけど、これ以上貧血が悪化したら困るのでリン吸着剤も始めた方が良さそうです。
昨日は病院に在庫がなかったので今日いただいて来ましたが、嫌いな子が多いらしく、ちゃんと食べるかどうかお試しということで、3包だけ処方していただきました。
これで貧血が改善されますように!


15.8.18 治療費N動物病院(Muffin16歳)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円 
処方薬セミントラ4320円
エナカルド錠2.5mg28錠1mg21錠5897円
皮下輸液セット500ml5個針25本ライン1組2700円
リン吸着剤レンジアレン0.25g3包389円
合計19894円

※朝食前、排泄後、輸液100ml注入後 体重5.945kg

More
[PR]
6日から10日まで病院がお休みだったので、その間に不調になりませんように!と念じながら過ごしました。

休み明け、混んでいるだろうな~と思いつつ受診。
予想通り混んでいましたが、1時間くらいで終了したので許容範囲。

尿検査結果は

タンパク (+)
pH 7.0
比重1.020


心臓の聴診で、ちょっと先生の顔つきが気になったのでドキッ!
「悪くもなっていませんが、良くもなっていませんね。」
とのことで・・・心臓も確実に悪化してきているんだな~と薬が倍量になったことの意味を改めて痛感。

1週間後に血液検査のため受診するということで、それまでの分の輸液バッグをもらって帰宅。


15.8.11 治療費N動物病院(Muffin16歳)
診察料540円 尿検査864円 
皮下輸液セット500ml2個針10本ライン1組1080円
合計2484円
[PR]
1日から始めた皮下輸液。
夕方自宅で初トライの時は、余裕がなくてバタバタ。
Muffinは大人しかったのに、私が上手くできなくて2回針を刺すことになってしまった。
それでも多分100ml入れることができなくて終了。
80mlくらいは入ったかな~?
その後ネットで動画を見たりしてお勉強。

2日からは輸液バッグの重さを輸液の前後で量り、入れた量を確認しています。
一日のオシッコの量も把握したくて、1月から量るようにしています。
散歩中のオシッコの量は見た目で予想しているのでアバウトですが、自宅トイレでするオシッコに関してはトイレの中でぐるぐる回り始めると小さいタッパーで受け取っています。
我が家では人間のトイレの中に専用のキッチンスケールを置いて、オシッコをキャッチしたタッパーの重さを量り、タッパーの重さを差し引いてオシッコの量を出しています。
厳密に言えば、オシッコの場合1g=1mlではありませんが、大体の量は把握できます。
予断ですが、タッパーでキャッチしたオシッコは重さを量った後人間のトイレに流すので、布シーツの洗濯はその分楽になりました。(笑)
とはいえ、同居犬が回数多くするので、毎日1~2枚は洗濯しています。

N先生から「様子を見たいので4日に連れて来てください」と言われていたので昨日受診。
自宅での輸液が問題なく出来ているかの確認と、6日〜10日まで病院がお休みなので、追加の薬と輸液セット(輸液バッグと必要回数分の針)をいただきました。
休み中少し不安もあるけど、今の感じだと大丈夫そうです。
オシッコのタンパクも3日輸液しただけで(++)から(+)になっていたので、効いているようです。
比重も輸液をしても1.028だったので、まだ腎臓さん頑張ってくれてます。

「一日2回100mlずつの輸液でこのまま継続。でももしMuffinが嫌がったら無理やりしなくても良いですよ」
と言っていただき、Muffinの状態が切羽詰っている訳じゃないんだな~と感じることが出来て、ちょっとホッとしました。
病院の休み明けに次回受診の予定です。

通院の時に使っているキャリーバッグの中で輸液しているんですが、輸液バッグを吊るしてバッグを床に置くと、Muffinは自分からバッグの側に来てくれます。
バッグに入れて伏せの体制にしてから輸液をしていますが、大人しくしてくれるので私一人で出来ます。
嫌だったらバッグを見ただけで逃げちゃうと思うので、このまま嫌なイメージをつけないで続けていけたら良いな~と思います。


15.8.4 治療費N動物病院(Muffin15歳11ヶ月)
診察料540円 尿検査864円 
エナカルド錠2.5mg14錠1814円
皮下輸液セット500ml4個針20本2160円
合計5378円
[PR]
4週毎の定期検査。

最近ちょっと食欲が落ちてきたな・・・と感じつつもそれほど気にしていなかった。
でも血液検査結果に唖然!

BUN 48→118
Cre 1.8→2.3
TP 6.8→6.5
Alb 2.1→1.7
GPT 234→218



尿検査結果も

タンパク (++)
pH値 6.5
比重 1.034

一気に腎臓が悪化してしまっていた。
心臓も雑音はそれほど変化ないけど、拍動が今までより大きいそう・・・。
前回ちょっと改善したと思っていた貧血もまた悪化。

心臓に関しては今現在1日1回1.5mgのエナカルド錠を1日2回1.5mgずつ1日量3mgということで現在の倍に増量することに。
腎臓に関してはこのままではどんどん悪化が加速してしまうので、どうしたら良いか結構時間をかけて先生と相談。
活性炭やリン吸着剤等の選択肢もありますが、一度に与えられないため、時間差で一日に何度も薬を与えなくてはならず、薬の種類を増やすのはかなり大変とのこと。
まずはBUNを下げるのに効果的である皮下輸液を開始して様子をみることにしました。
午前中診察時に輸液してもらいましたが、夜からは自宅で輸液スタートです。
これから朝晩自宅での皮下輸液・・・上手く出来るか不安ですがやるしかない!ってことで・・・頑張ろう!


15.8.1 治療費N動物病院(Muffin15歳11ヶ月)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円 
エナカルド錠2.5mg7錠907円
皮下輸液セット500ml2個1080円
処方薬セミントラ4320円(7月25日処方分)
合計12895円

※朝食前、尿後、排便前 体重5.685kg

More
[PR]