1日から始めた皮下輸液。
夕方自宅で初トライの時は、余裕がなくてバタバタ。
Muffinは大人しかったのに、私が上手くできなくて2回針を刺すことになってしまった。
それでも多分100ml入れることができなくて終了。
80mlくらいは入ったかな~?
その後ネットで動画を見たりしてお勉強。

2日からは輸液バッグの重さを輸液の前後で量り、入れた量を確認しています。
一日のオシッコの量も把握したくて、1月から量るようにしています。
散歩中のオシッコの量は見た目で予想しているのでアバウトですが、自宅トイレでするオシッコに関してはトイレの中でぐるぐる回り始めると小さいタッパーで受け取っています。
我が家では人間のトイレの中に専用のキッチンスケールを置いて、オシッコをキャッチしたタッパーの重さを量り、タッパーの重さを差し引いてオシッコの量を出しています。
厳密に言えば、オシッコの場合1g=1mlではありませんが、大体の量は把握できます。
予断ですが、タッパーでキャッチしたオシッコは重さを量った後人間のトイレに流すので、布シーツの洗濯はその分楽になりました。(笑)
とはいえ、同居犬が回数多くするので、毎日1~2枚は洗濯しています。

N先生から「様子を見たいので4日に連れて来てください」と言われていたので昨日受診。
自宅での輸液が問題なく出来ているかの確認と、6日〜10日まで病院がお休みなので、追加の薬と輸液セット(輸液バッグと必要回数分の針)をいただきました。
休み中少し不安もあるけど、今の感じだと大丈夫そうです。
オシッコのタンパクも3日輸液しただけで(++)から(+)になっていたので、効いているようです。
比重も輸液をしても1.028だったので、まだ腎臓さん頑張ってくれてます。

「一日2回100mlずつの輸液でこのまま継続。でももしMuffinが嫌がったら無理やりしなくても良いですよ」
と言っていただき、Muffinの状態が切羽詰っている訳じゃないんだな~と感じることが出来て、ちょっとホッとしました。
病院の休み明けに次回受診の予定です。

通院の時に使っているキャリーバッグの中で輸液しているんですが、輸液バッグを吊るしてバッグを床に置くと、Muffinは自分からバッグの側に来てくれます。
バッグに入れて伏せの体制にしてから輸液をしていますが、大人しくしてくれるので私一人で出来ます。
嫌だったらバッグを見ただけで逃げちゃうと思うので、このまま嫌なイメージをつけないで続けていけたら良いな~と思います。


15.8.4 治療費N動物病院(Muffin15歳11ヶ月)
診察料540円 尿検査864円 
エナカルド錠2.5mg14錠1814円
皮下輸液セット500ml4個針20本2160円
合計5378円
[PR]
4週毎の定期検査。

最近ちょっと食欲が落ちてきたな・・・と感じつつもそれほど気にしていなかった。
でも血液検査結果に唖然!

BUN 48→118
Cre 1.8→2.3
TP 6.8→6.5
Alb 2.1→1.7
GPT 234→218



尿検査結果も

タンパク (++)
pH値 6.5
比重 1.034

一気に腎臓が悪化してしまっていた。
心臓も雑音はそれほど変化ないけど、拍動が今までより大きいそう・・・。
前回ちょっと改善したと思っていた貧血もまた悪化。

心臓に関しては今現在1日1回1.5mgのエナカルド錠を1日2回1.5mgずつ1日量3mgということで現在の倍に増量することに。
腎臓に関してはこのままではどんどん悪化が加速してしまうので、どうしたら良いか結構時間をかけて先生と相談。
活性炭やリン吸着剤等の選択肢もありますが、一度に与えられないため、時間差で一日に何度も薬を与えなくてはならず、薬の種類を増やすのはかなり大変とのこと。
まずはBUNを下げるのに効果的である皮下輸液を開始して様子をみることにしました。
午前中診察時に輸液してもらいましたが、夜からは自宅で輸液スタートです。
これから朝晩自宅での皮下輸液・・・上手く出来るか不安ですがやるしかない!ってことで・・・頑張ろう!


15.8.1 治療費N動物病院(Muffin15歳11ヶ月)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円 
エナカルド錠2.5mg7錠907円
皮下輸液セット500ml2個1080円
処方薬セミントラ4320円(7月25日処方分)
合計12895円

※朝食前、尿後、排便前 体重5.685kg

More
[PR]
4週毎の定期検査。

まず血液検査結果。

GPT 151→234
Alb 1.7→2.1
TP 6.0→6.8
BUN 48→48
Cre 1.4→1.8


またGPTが上がってしまったけど、このまま経過観察。
BUNは変わらずだけど、Creが一気に上がってしまってかなりショック。

実は1週間前から私が体調不良で、手作りご飯を用意できなくてフード(腎臓サポート)を与えています。
やや回復した4日目くらいから手作りご飯に戻そうかと思ったのですが、もしかしたら私の手作りご飯より腎臓サポートの方が良い数値が出るかも?とそのままフードにしていました。
でも今回の血液検査数値の他にも、ご飯をフードにしたことが原因かも?と思えることがあり、先生ともお話した結果やはりMuffinには私の手作りご飯の方が合っているんじゃないかということに。
ヨシ!明日から手作りご飯に戻すぞ!と早速お粥を炊きました。(笑)

尿検査結果

タンパク (-)
pH値 8.0
比重 1.033


前回(+)だったタンパクも今回は(-)
pH値が高いのは、ご飯の影響だろうということ。


今回貧血が少し改善されていたので、これはセミントラ効果だと思われます。
手作りご飯を与えていた間、ヒジキも添加してたのが良かったのかも?(笑)


15.7.4 治療費N動物病院(Muffin15歳10ヶ月)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円 
処方薬エナカルド錠1mg42錠4536円 
セミントラ4320円
合計15444円

※朝排泄後、朝食前、体重5.645kg

More
[PR]
4週毎の受診。
心臓の聴診と血液検査・尿検査をしていただきました。

今回の結果は色々と気になる項目が多過ぎて、凹んでいたのでアップするのも1日遅れ。
凹んでいても仕方ない、と気持ちの切り替えに一日かかってしまいました。(笑)

今年に入ってからの数値の変化
最後の赤字が今回の数値です。

GPT 161→223→210→152→161→151
Alb 2.2→2.0→2.4→2.4→2.1→1.7
TP 7.0→6.6→7.0→7.0→6.9→6.0
BUN 36→36→42→34→46→48
Cre 1.1→1.3→1.3→1.4


ウルソ服用をやめて4週間、ドキドキだったGPTはちょっと下がってくれていてホッとしました。
2ヶ月近くかかったけど、ハーブとしじみ汁の効果かな~?

他の数値はすべて悪化。
BUNとクレアチニンの数値が上昇していて、慢性腎不全が進行しているようです。
そして腎臓の悪化に伴い、貧血傾向も出てきてしまいました。
Albもどーんと下がってしまってショック!
先生いわく、腎不全の悪化が原因だということでした。

でもオシッコはタンパクが(+)だった以外は問題なし。

タンパク (+)
pH値 6.5
比重 1.038


4週前からエナカルド錠を1日1.5mgに増量しましたが、効果が芳しくなかったため、猫用慢性腎臓病用AT1受容体阻害薬「セミントラ」を開始することにしました。
いきなりMuffinの体重相当量を与えて副作用が出ると怖いので、まずは体重1kg相当量から開始。
1kg量を2日、2kg量2日、3kg量3日、4kg量3日と10日かけて増量して、最終的に5kg量まで持っていくようにします。
エナカルド錠は夜与えているので、セミントラは朝与えることにしました。
これで進行を遅らせることが出来たら良いのだけど・・・!

e0202201_13392487.jpg


15.6.6 治療費N動物病院(Muffin15歳9ヶ月)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円 
処方薬エナカルド錠1mg49錠5292円 
セミントラ4320円
合計16200円

※朝排泄後、朝食前、体重5.585kg

More
[PR]
前回の受診から4週間経過。
心臓の聴診と腎臓・肝臓の数値を確認するための血液検査と尿検査をしてもらいました。
今年に入ってからの数値の変化・・・最後が今回の数値です。

GPT 161→223→210→152→161
Alb 2.2→2.0→2.4→2.4→2.1
TP 7.0→6.6→7.0→7.0→6.9
BUN 36→36→42→34→46
Cre 1.1→1.3→1.3


ウルソの服用で、今回どこまで基準値に近づくことが出来ているかと期待していたGPTですが、下がるどころかちょっと上がってしまっていてかなりショック!
そしてBUNもまた上昇!
クレアチニンは2ヶ月前と同じ1.3でしたが、BUNが少しずつ上昇しています。


尿検査結果は特に問題なし。

タンパク (-)
pH値 7.0
比重 1.038


腎臓対策として・・・猫用の腎臓の薬セミントラの服用を開始するか、心臓の薬(ACE阻害薬)エナカルド錠を増量するかという選択肢。
セミントラの場合血圧に作用するそうで、適量を見極められなかった場合の副作用が怖い気がして、とりあえずエナカルド錠を現在の1mgから1.5mgに増量して様子を見ることにしました。
腎臓なのに心臓の薬を増量?と思いますがACE阻害薬には腎臓糸球体血管の血圧を下げて腎臓を少しでも長持ちさせる効果もあるそうです。
体重1kgあたり0.25mg~0.5mgを1日1回というのが通常量ですから、体重6kg弱のMuffinにとって今までの1日1mgという量はかなり少ない量でした。
それでも1年間この量で維持出来たことは有難いことだと思っています。
1.5mgに増量して、4週間後の検査結果でさらにBUNが上昇するようなら、セミントラの服用を開始することになっちゃうかな~?

肝臓は基準値オーバーですが、とりあえずウルソ服用は休止して経過観察することになりました。
こちらも次の検査で上昇するようならウルソ復活になるのかな。

15.5.9 治療費N動物病院(Muffin15歳9ヶ月)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円 
処方薬エナカルド錠1mg35錠3780円 
合計10368円

※朝排泄後、朝食前、体重5.625kg

ご飯のカロリーを落としたので体重が200gほど減っていた。
これ以上痩せないように少しカロリーアップして5.8kgを維持できるようにしたいな~。

More
[PR]
肝臓の数値が高くなり、ウルソ服用を開始してから4週間経過しました。
心臓の聴診と薬をいただくタイミングに合わせて血液検査をお願いしました。
3月22日の肝臓再診の血液検査から3週間後の結果。

GPT210→152
Alb 2.4→2.4
TP 7.0→7.0
BUN 42→34


GPTは一応順調に下がってきているようですが、もうしばらく服用を続けることになりました。
前回処方されたウルソが10日分残っているので、今日18日分もらって、4週間後の心臓の再診の時に血液検査です。

活性炭を開始した方が良いかも?と言われていた腎臓ですが、今回BUNが下がっていたので使用延期。
今服用している心臓の薬を、腎臓にも効果がある薬に変更することも選択肢として教えていただきましたが、今のところ良い感じで維持出来ているので、なるべくなら変更したくないな~。

肝臓ケアのためにご飯の内容を少し見直すつもりなので、タンパク質量も再検討。
ハーブも追加するつもりです。


15.4.11 治療費N動物病院(Muffin15歳8ヶ月)
診察料864円 血液検査2160円 尿検査864円
処方薬エナカルド錠1mg28錠3024円 
処方薬ウルソ50mg18日分18錠1555円
合計8467円

※朝排泄後、朝食前、体重5.825kg

軟便対策でご飯のカロリーを落としたことで予想通り体重が落ちました。
[PR]
朝ベッドの中で5時40分と6時に黄色の液体を嘔吐。
そのままベッドで抱いて落ち着かせていたけど、6時半にバタバタし始めたのでリビングに連れて行き、床に下ろした途端トイレに駆け込んで水分の多い軟便。
トイレから飛び出してテーブルの下へ移動して、少しの軟便といきんだ勢いでオシッコも。
また移動して残りを搾り出した軟便少し。
便を保管して朝ご飯抜きで受診することに。

便の細菌が若干多いけど、特に悪い物は出ていないそうで、下痢止め等の必要もなく、嘔吐改善のため胃粘膜保護の薬を3日分処方してもらいました。
尿検査結果もいつもより少し比重が高めだったけど他は異常なし。
軟便対策としてご飯をいつもの7~8割程度にして様子をみるようにとの診断。


15.4.6 治療費N動物病院(Muffin15歳7ヶ月)
診察料864円 糞便検査864円 尿検査864円
処方薬胃粘膜保護の薬3日分3錠259円 
合計2851円

※朝排泄後、朝食前、体重6.065kg

受診するたびに体重が増えてます。
軟便対策でご飯の量を減らし、脂肪も控えることでカロリーが下がるので、体重が落ちることが予想されますが、増え過ぎた体重を落とすのにちょうど良いかも?(笑)

軟便はご飯の脂肪を抜いて量も80%程度にして3日ほどでほぼ完治しました。

[PR]
肝機能の数値が上昇していたためウルソを1週間服用後の血液検査を受けて来ました。

GPT223→210


期待していた効果があまり出ていなかったため、ウルソを1ヶ月継続服用することになりました。

そして腎臓系の数値BUNがまた上昇。

BUN36→42


先生からは活性炭の使用をそろそろ始めた方が良いと言われました。
以前伺った猫さん用の腎臓の薬を使う前に、活性炭を試してみるのが良いのかな~?
Muffinが嫌がって食べてくれなければ仕方ないけど、問題なく食べてくれて、それで数値が落ち着けば結果オーライだものね。
炭だから、薬より副作用とか心配しなくて良いのならそれもありかな・・・。

ウルソを飲みきる頃血液検査するので、腎臓系の数値も確認して決めます。

15.3.22 治療費N動物病院(Muffin15歳7ヶ月)
診察料864円 血液検査2160円  
処方薬ウルソ50mg30日分30錠2592円
合計5616円
[PR]
前回の定期検査から8週間後、心臓は4週間後の受診。

毎回気になってる項目

Alb 2.2→2.0
TP 7.0→6.6
BUN 36→36
クレアチニン 1.1→1.3


前回腎臓系が心配だけど、いざとなったら薬があるということでご飯の内容はほとんど変えずに8週間。
それなのにAlbが下がってしまって、うーん・・・。
BUNは変化なかったけどクレアチニンは少し上昇してしまった。
それでも以前より悲壮感がないのは、やはり薬があることが分かったからかな~。


尿検査結果も特に問題なし。

タンパク (-)
pH値 6.0
比重 1.034



聴診での心雑音や日常での変化もなく、心臓の薬は今まで通り。
体重は5.865kgだったので、朝食抜き排泄後の同じ条件だった8週前より80g増加。
9月5.56kg、11月5.6kgだったので増量作戦としてご飯のカロリーをアップしたら
1月5.785kg、3月5.865kgと順調に増えたので、このくらいをキープしなくちゃね。

今回問題になったのはGPTの数値。
7月に基準値100をオーバーして102だったので心配しましたが9月は77と基準値内。
ホッとしたものの11月に127、1月は161、そして今日は223と更に上昇。
肝臓機能が弱ってきている可能性ありということで、ウルソを1週間処方されました。
1週間後血液検査をして、効果を見極めることになりました。
1週間の服用で数値が下がれば続けて服用しなくて良いそうです。


15.3.14 治療費N動物病院(Muffin15歳7ヶ月)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円 
処方薬エナカルド錠1mg28錠3024円 
処方薬ウルソ50mg7日分7錠605円
合計10217円

※朝排泄後、朝食前、体重5.865kg

More
[PR]
心臓のお薬をいただくための受診。
朝一番のオシッコも持参して検査してもらいました。

キャリーバッグのままの体重測定で7.0kgだったので、バッグの重さを差し引いて6.065kg。
朝ご飯を食べた後の体重ということで同じ条件の12月20日は5.965kgだったので100g増加してました。

聴診での心雑音は特に変化なしなので、心臓の薬は今まで通りで継続。

尿検査結果は

タンパク(-)
pH6.5
比重1.032
細胞・潜血・結晶もなし


先月の血液検査で腎臓系の数値が少し上昇していたのですが、尿検査結果だけだと問題なし。
来月の検査でどうなっているかドキドキですが、薬もあるようなのでちょっぴり心強いです。

次回の受診は4週間後の予定です。


15.2.14 治療費N動物病院(Muffin15歳6ヶ月)
尿検査864円 処方薬エナカルド錠1mg28錠3024円 
合計3888円
[PR]
前回の定期検査から10週間後、心臓は4週間後の受診です。

特に気にしている血液検査の項目

Alb 1.9→2.2
TP 6.4→7.0
BUN 30→36
クレアチニン 0.8→1.1


前回Albが2.0を切ってしまったので思い切ってご飯のタンパク質量を増加しました。
BUNが上昇傾向でしたが、クレアチニンは下がっていたので賭けのような気分でしたが・・・。
Albはちゃんと上がってくれたけど、やはりBUNとクレアチニンが上がってしまいました。
うーん・・・やっぱり両天秤!

尿検査結果は

タンパク (-)
pH値 7.0
比重 1.030



N先生はご飯だけで腎臓系の数値がそれほど変化するとは考えておられないようで、BUNが上がった原因は腎臓機能が弱ってきたからか、心臓からの影響も考えられると仰いました。
ただ尿検査結果が悪くはなかったので、腎臓が原因と決めることも出来ず、また聴診での心雑音もそれほど変化がないため、心臓からとも言い切れないとのことで・・・とりあえず経過観察。
以前クレアチニンが1.7まで上がった時には活性炭を勧められた事もありましたが、今は腎臓機能を保護する働きの薬もあるらしく、もしこのまま腎臓系の数値が上がるようなら、その薬を服用することになるかもしれません。
猫さん用の薬らしいですが、犬でも効果が期待出来るようです。

心臓の薬も「増量した方が良いですか?」とお聞きしたら「聴診での心雑音が今の程度ならこのままで良いでしょう。いずれ増やさないといけなくなるでしょうが。」とのこと。
今現在の1日1mgという量は本当に微量でお守りみたいな感じなので、やはり今後進行したら増量が必要になることを覚悟しておかないといけないなと痛感。

それにしてもご飯については本当に悩ましいです。
Albは下がると心配だし、腎臓の悪化も怖い。
でも今回猫さん用でも腎臓の薬があるとわかったので、ちょっと心強いかな~。
ご飯は今のままで次回の検査までいってみようと思います。


15.1.17 治療費N動物病院(Muffin15歳5ヶ月)
診察料864円 血液検査4860円 尿検査864円 
処方薬エナカルド錠1mg28錠3024円 
合計9612円

※朝排泄後、朝食前、体重5.785kg
ご飯のカロリーをアップしたら体重も増えていた。
ちゃんと吸収出来ているってことだね、安心!

More
[PR]
心臓のお薬をいただくための受診。
前回の膀胱炎完治から3週間経ったので一応尿検査もお願いしました。

キャリーバッグのまま体重測定で6.9kgだったのでバッグとカラー&リードの重さを差し引くと、本日の体重は5.965kgということに。
朝の排泄・朝食後という同じ条件で量った1ヶ月前より145g増えてました。
寒くなると代謝率が高くなるのでご飯を増量しているのですが、ちゃんと吸収出来ているようです。

尿検査の結果もタンパク(-)、pH6.5、比重1.028、細胞・潜血・結晶もなしでした。
膀胱炎も再発せず、腎臓系の方も問題なしの結果にホッとしました。

聴診での変化も日常生活での変化も今のところなく、現状維持出来ています。
今まで通りのお薬を4週間分いただきました。
次回は4週間後、定期検査も兼ねて受診するつもりです。


14.12.20 治療費N動物病院(Muffin15歳4ヶ月)
尿検査864円 処方薬エナカルド錠1mg28錠3024円 
合計3888円
[PR]
抗生剤を飲みきって5日経ったので、本日2回目の尿を採取して検査してもらった。
Muffinは留守番、オシッコだけ持って受診。

結果はタンパク(-)、pH7.5、比重1.028、細胞・潜血・結晶等なしで問題なし。
前回よりちょっとpH値が高めですが、食後だし大丈夫かな?
(前回も食後だったけど・・・)

今回の膀胱炎治療はこれで完了となりました。ホッ!
これからもちょっとした変化を見逃さないで早め早めの対処が出来るように気をつけなくちゃ!

14.11.29 治療費N動物病院(Muffin15歳3ヶ月)
尿検査864円 合計864円
[PR]
抗生剤を飲ませ始めて5日経過。
水分摂取を多くして、オシッコの回数を増やしました。

朝ごはんを食べて1時間経過した本日2回目の尿を採取して病院へ。
週明けに心臓の再診予定だったので、ついでに聴診もお願いしました。

尿検査結果はタンパク(-)、pH7.0、比重1.024、細胞・潜血・結晶もなし。
ということで膀胱炎は良くなったみたいです。
明日の分まである抗生剤は明日飲みきって終了になりました。

良かった~!ホッとしました。
高齢になって調子を崩すと、薬を服用してもなかなか効果が出なかったりするので正直ドキドキでした。
念のため抗生剤終了して1週間後、もう一度尿検査をする予定です。

心臓の再診も問題なし。
聴診で心雑音に特に変化はないそうなので、今まで通りの薬を4週間分いただきました。


14.11.22 治療費N動物病院(Muffin15歳3ヶ月)
尿検査864円 処方薬エナカルド錠1mg28錠3024円 
合計3888円

※朝の排泄・朝食後、体重5.82kg
[PR]
15日の受診で膀胱炎っぽいという診断だったMuffin。
水分多めに摂らせて、2~3日後に尿の再検査をすることになっていたので、本日受診。

今日3回目のオシッコだったのにpH8.0とやはり高め。
食後だったので少し高めに出るのは仕方ないのだけど、今日はタンパク(+)でやはり細胞膜が剥がれた物が出ているとのことで、抗生剤を飲ませることにしました。

潜血や結晶などはないので、それほど心配はないと思いますが、早めの対処が安心です。
7日分処方されたので、引き続き水分摂取を多くして週末に再診予定です。


14.11.17 治療費N動物病院(Muffin15歳3ヶ月)
尿検査864円 ビクタスSS7錠1058円 合計1922円
[PR]