昨年12月の血液検査から気になり始めた腎臓。
ずっとご飯をどうするか悩んでいました。

癌対策の高蛋白低炭水化物とは真逆になると思われる腎臓対策ご飯。
少しずつタンパク質の量を減らして様子を見ていましたが、やはり悪化は止められず。。。

来週の血液検査の結果次第で、活性炭の使用を試すかも・・・ということになっていますが、ここにきてちょっとジタバタしてみようかと思います。(笑)
検査までの1週間、低蛋白高炭水化物な腎臓対策ご飯にしてみようと思います。

たった1週間で結果が出るとも思いませんが、まずはチャレンジ!
わんにゃんテーブルさんの栄養計算ソフトに色々と打ち込んで、試行錯誤していますが、すでに目と頭が痛いです。(笑)

腎臓対策ご飯について詳しくご存知の方がいらっしゃいましたら、ご指導くださいませ!


※コメントの承認制は解除いたしました。
[PR]
最近ご飯の写真を載せていなかったので、先週の分をアップしてみます。

5月9日朝夜合計オイルを添加して322kcalタンパク質24.2g(41%)
鶏モモ肉・サツマイモ・人参・エノキ・小松菜・アスパラ・パセリ・スプラウト
自家製鮭コラーゲントッピング
e0202201_21184742.jpg



鶏モモ肉・鶏肝心臓・ご飯・アボカド・長芋・カボチャ・白菜・豆苗・パセリ
自家製鮭コラーゲントッピング
e0202201_2120646.jpg



5月10日朝夜合計オイルを添加して308kcalタンパク質19.9g(36%)
秋刀魚・サツマイモ・おから・人参・大根・青梗菜・パセリ・スプラウト
自家製鮭コラーゲントッピング
e0202201_2126682.jpg



鰆・ご飯・ゴボウ・オクラ・白菜・椎茸・インゲン・スプラウト
e0202201_21272891.jpg



5月11日朝夜合計オイルを添加して315kcalタンパク質23g(38%)
豚モモ肉・サツマイモ・椎茸・小松菜・レンコン・赤ピーマン・パセリ・スプラウト
e0202201_21292368.jpg



ゆで卵・ヒジキご飯・人参・カボチャ・インゲン・アボカド・パセリ・スプラウト
e0202201_213103.jpg



5月12日朝夜合計オイルを添加して323kcalタンパク質20.3g(35%)
秋刀魚・ご飯・スナップエンドウ・人参・ゴボウ・パセリ・スプラウト
e0202201_2133130.jpg



鯛・ご飯・カボチャ・椎茸・青梗菜・豆苗・パセリ
e0202201_21341126.jpg



5月13日朝夜合計オイルを添加して308kcalタンパク質23.9g(40%)
鶏モモ肉・ご飯・赤ピーマン・エノキ・白菜・スナップエンドウ・パセリ・スプラウト
e0202201_21362217.jpg



鶏胸肉・ご飯・人参・カボチャ・小松菜・アボカド・パセリ
e0202201_21373514.jpg



5月14日朝夜合計オイルを添加して275kcalタンパク質23.3g(41%)
鰹・ご飯・人参・椎茸・小松菜・ゴボウ・パセリ・スプラウト
e0202201_2139187.jpg



ゆで卵・ご飯・白菜・スナップエンドウ・カボチャ・オクラ・パセリ
e0202201_21401230.jpg



5月15日朝夜合計オイルを添加して282kcalタンパク質23.8g(43%)
鶏モモ肉・ご飯・人参・エノキ・アスパラ・白菜・パセリ・スプラウト
e0202201_2141567.jpg



鶏胸肉・ご飯・赤ピーマン・スナップエンドウ・小松菜・パセリ
e0202201_21425033.jpg



1週間の平均304.7kcal
タンパク質22.6g(39%)脂質16g(27%)炭水化物14.9g(26%)
アルギニン1611mg(2.78%)


ちなみにもっと遡ると・・・
5月2日~8日分の平均303.4kcal
タンパク質22.5g(39%)脂質16g(28%)炭水化物14.6g(25%)
アルギニン1619mg(2.79%)

4月25日~5月1日分の平均300kcal
タンパク質22.5g(39%)脂質16.1g(28%)炭水化物14g(24%)
アルギニン1588mg(2.75%)

4月18日~24日の平均296kcal
タンパク質23g(40%)脂質15.5g(27%)炭水化物14.3g(25%)
アルギニン1651mg(2.85%)

という感じで、大体数字は揃っていますね。
タンパク質の量を少し抑え、ヒジキ・昆布・おからはそれぞれ週1回に変更。
ステロイドを卒業したのでユッカを毎朝1滴添加。
他にもやめたサプリや増やしたサプリなどの変化ありです。
[PR]
最近(といっても最近サボってますが・・・)のご飯を紹介する時、カロリーとタンパク質量を記載するようにしていますが・・・

私が記載しているカロリーは犬の代謝エネルギーではなく、食品成分表を基にした人間用のカロリーです。

タンパク質量については、何グラムという量より、そのご飯の何パーセントになるかという割合の方が重要なようです。

癌対策ご飯の割合についてですが・・・

「小動物の臨床栄養学」の推奨レベルによると、癌の場合は
たんぱく質欠乏を避けるために必要とされているたんぱく質は30~45%
エネルギーの多くを脂肪で供給するために必要とされている脂肪は25~40% 
可溶性炭水化物の過剰を避けることが好ましいので、可溶性炭水化物は25%以下
n-3脂肪酸の多い食事を与える。5%まで
n-6:n-3比 3.0以下
創傷治癒促進、免疫機能増強、腫瘍発生抑制の効果があるアルギニンは2%以上
となっています。(※%は、すべて乾燥重量あたり)

ちなみに癌腫瘍療法食とされているヒ○ズn/d缶の成分は
粗蛋白質 9.5%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 2.0%以下、粗灰分 3.0%以下、水分 75.0%以下、カルシウム 0.14%以上、リン 0.12%以上
となっています。

1缶の重量は360gなので水分は360g×0.75=270g
1缶あたりの乾燥重量は360g-270g=90gとなります。

乾燥重量による割合は
粗蛋白質 9.5%以上・・・360g×0.095=34.2g 34.2g÷90g=0.38(38%)
粗脂肪 8.0%以上・・・360g×0.08=28.8g 28.8g÷90g=0.32(32%)
となりますね。

アルギニンは2.95%程度だったと思います。(違っていたらすみません!)

ヒ○ズn/d缶の説明は・・・
適応:がん腫瘍
特長:高蛋白質、高脂肪、低炭水化物で、がん細胞への栄養供給を抑えながら犬の体に必要なエネルギーを供給
炭水化物を抑えることで、がん細胞がつくりだす乳酸を低減
アルギニンとオメガ3脂肪酸を多く含み、免疫を維持
となっています。

何だかヒ○ズn/d缶宣伝みたいですが、実際のところ私はヒ○ズn/d缶を与えたことがありません。
「小動物の臨床栄養学」の推奨レベルとヒ○ズn/d缶の成分が近いな~と思ったので書いてみましたが、私はこの割合を参考に手作りでなるべく近い物を・・・と思って日々試行錯誤しています。
すでに9ヶ月もやっているのに、未だに満足出来る内容に至っておりません。。。

手近に使えるタンパク源として鶏もも肉や胸肉を使っています。
カロリーアップには皮つきのまま使いたいですが、皮に多く含まれるリノール酸は癌にとってはあまり好ましくないようです。
それなら皮を取ってしまえば良いのでは?と思いがちですが、皮なしの肉だけで必要なカロリーに足りるだけの量を与えると、今度はタンパク質の量が多過ぎます。
たとえば・・・皮つきの鶏もも肉130gは約260kcalでタンパク質量は21.06gです。
皮なしの鶏もも肉は100g116kcalですから260kcal分だと224g必要ですが、その場合のタンパク質量は42.112gです。
胸肉の方が高タンパクで低カロリーですから、皮なし鶏胸肉で260kcal分だと240g必要で、タンパク質量は53.52gとなってしまいます。

それじゃ、魚にすれば?となるわけですが、魚はビタミンDがとても多かったりします。
サプリでの過剰摂取じゃなければ心配要らないような気もしますが、毎日魚で毎日ずっと多いというのもやはり気になります。
そんな訳で、鶏肉と魚を半々程度にし、卵や豚肉も取り入れつつのご飯作りですが、まだまだ修行の日々が続きそうです。(笑)

あ・・・これを読んで「手作りご飯はやっぱり難しいから無理」なんて、絶対思わないで下さいね!
もし、もし、ワンちゃんが癌になってしまったら・・・とりあえず、愛情タップリの手作りご飯にしてあげてください!
最初は難しいことは考えず、とにかくトライ!
愛情というどこにも売っていない特別なサプリをいっぱいふりかけたご飯はきっと貴方のワンちゃんを笑顔にしてくれるはず。
そして、少しでも長くその笑顔と一緒にいられることを祈って!
[PR]
Muffinに特に変化ないので、2週間以上更新サボっていました。
変化がないってことは嬉しいことですよね。

歯茎のエプーリスも上唇のイボも今の所変化なしのように思います。
このまま現状維持出来たら切除しなくても良いかも?

プロポリスは継続して与えることにしたので、大きいサイズを取り寄せました。
パウダルコについてはグルタチオンと一緒に増量してみたのですが、ネット検索で「6週間与えたら1週間休止してからまた与える方法が良い」と書いてあるのを見つけたので、とりあえず1週間休止してまた復活しました。
量についても増量前の量くらいで良さそうだったので、前の量に戻しました。
グルタチオンは増量したままですが、夜だけ与えていたのを、パウダルコと一緒に朝夜の2回に分けて与える方法に変更。
来月からキャッツクローも添加してみようと思っています。


今日の朝ご飯
e0202201_20221674.jpg

豚軟骨・サツマイモ・小豆・エノキ茸・スナップエンドウ・自家製鯛コラーゲン


夜ご飯
e0202201_2024942.jpg

半熟ゆで卵・鶏胸皮・ご飯・人参・カボチャ・豆苗・ブロッコリースプラウト・自家製鯛コラーゲン
※コラーゲンの上の黒いのはすりゴマです。

朝夜合計 オイルを添加して365kcal タンパク質22.2g


今日の晩ご飯は色目もなかなか綺麗で美味しそうかな?と思ったのですが・・・
e0202201_2032780.jpg

サプリをふりかけたら、こんなになっちゃった。。。
不味そう。(笑)
[PR]
※カロリーとタンパク質の量他、追記しました。
最近のご飯。

1月26日朝 豚軟骨・サツマイモ・人参・蕪・グリーンアスパラ・エノキ
e0202201_21261262.jpg



1月26日夜 ゆで卵・鶏モモ・ご飯・カボチャ・ピーマン・長芋・白菜
e0202201_21273894.jpg

1月26日分オイルを添加して368kcal タンパク質25.4g



1月27日朝 鯖・サツマイモ・人参・蕪・スナップエンドウ・小豆・スプラウト
e0202201_2129398.jpg



1月27日夜 鯖・ご飯・カボチャ・長芋・レンコン・ゴボウ・スプラウト
e0202201_21302977.jpg
 
1月27日分オイルを添加して329kcal タンパク質26.1g



1月28日朝 鶏モモ・サツマイモ・人参・エノキ・白菜・豆苗
e0202201_2131307.jpg



1月28日夜 鶏モモ・ご飯・納豆・カボチャ・長芋・スナップエンドウ・レンコン・スプラウト
e0202201_21325530.jpg

1月28日分オイルを添加して367kcal タンパク質25.4g



1月29日朝 ビンチョウマグロ・サツマイモ・人参・アボカド・蕪・ゴボウ
e0202201_21335815.jpg



1月29日夜 ゆで卵・鶏皮・ご飯・長芋・カボチャ・小松菜・レンコン
e0202201_21345960.jpg

1月29日分オイルを添加して317kcal タンパク質28.1g



1月30日朝 鶏モモ・サツマイモ・人参・蕪・豆苗・グリーンアスパラ
e0202201_21355568.jpg



1月30日夜 鶏モモ・ご飯・納豆・アボカド・長芋・エノキ・サヤインゲン
e0202201_2137840.jpg

1月30日分オイルを添加して374kcal タンパク質25.5g



1月31日朝 鶏モモ・サツマイモ・人参・蕪・豆苗・グリーンアスパラ(写真撮り忘れ)
1月31日夜 鶏モモ・鶏肝・ご飯・長芋・白菜・レンコン・スナップエンドウ
e0202201_21382648.jpg

1月31日分オイルを添加して363kcal タンパク質27.6g



2月1日朝 鯖・サツマイモ・人参・蕪・豆苗・レンコン
e0202201_21392659.jpg



2月1日夜 カラスカレイ・ご飯・納豆・小松菜・ゴボウ
e0202201_21402381.jpg

2月1日分オイルを添加して254kcal タンパク質25.1g



2月2日朝 豚軟骨・サツマイモ・人参・エノキ・小松菜
e0202201_21411257.jpg



2月2日夜 炒り卵・鶏モモ・ご飯・アボカド・白菜・豆苗・カボチャ
e0202201_21421232.jpg

2月2日分炒り卵を作る時のオリーブオイルを含めて379kcal タンパク質24.8g

※8日分の平均約344kcal タンパク質26g


色んな野菜を取り入れたいと思いつつ、やっぱりワンパターン。(笑)
サツマイモ・人参・カボチャは定番で、最近よく使っているのは長芋・レンコン・白菜・蕪かな。
魚の日は朝か夜にゴボウを入れるようにしています。

豚軟骨は最近使い始めました。かなり煮込んでから、丸飲みしても平気なように軟骨部分が輪切りになるように切っています。

卵も週2回くらい登場させています。最初はゆで卵でしたが、今日は炒り卵にしてトッピング。

ブロッコリースプラウトは、見かけるとこれを買うようにしています。
e0202201_215545.jpg


鶏肉でも魚でも豚軟骨でも卵でも・・・とりあえず一気に完食してくれるので助かります。
そのうち好き嫌いのワガママが出てくるのかな?

今週末は通院日です。血液検査の予定なので、朝食抜きで連れて行かなくちゃ。
歯茎のこと・イボのこと・ゴックンのこと(あれからほとんどしませんが)・最近肛門線を絞っても出ないことなど、メモした紙を忘れないようにしなくちゃね!(笑)

体重増加作戦(カロリーアップ)の結果も気になる所です。
あと、高タンパクな癌対策ご飯もずっと続けていると腎臓に負担がかかるかな?ということで腎臓疑惑を機会にタンパク質の量もちょっとだけ抑え気味にしています。
[PR]
自発的に水を飲むことがほとんどないMuffinの水分補給のため、お昼にスープタイムがある我が家。

以前記事に書いた事のある自家製コラーゲンでスープを作っています。
今まで作ったことがあるのは、鯛、ハマチ、鮭、カラスカレイなど。
頭やアラをコトコト煮て漉した物を冷蔵庫で一晩寝かせればぷるんぷるんのゼリー状になります。
ご飯にトッピングする2~3日分を残して、残りは一晩寝かせる前に製氷皿で冷凍しておきます。

ぷるんぷるんをご飯にトッピングするとこんな感じ。(ご飯が温かいとすぐに溶け始めます。)
e0202201_991824.jpg

e0202201_911826.jpg


スープタイムには冷凍しておいたコラーゲンキューブを1個ボウルに入れて
e0202201_8514158.jpg

ポットのお湯(90度くらいかな?)を100cc注ぎかけます。
e0202201_8524831.jpg

e0202201_8531230.jpg

お湯がかかった部分から溶けますが、溶け切らなくてもそのまま置いておけば自然に溶けてちょうど良い温度になります。(念のため指を入れて確かめています。)
e0202201_8564535.jpg

e0202201_857031.jpg

後は与えるだけ。
e0202201_8575266.jpg

同居犬のミンティーも一緒です。(笑)
e0202201_8582138.jpg


朝ご飯と夜ご飯に含まれる水分と100ccほどのスープが1日の水分摂取量なので、以前ドライフードをふやかして与えていた頃より水分摂取量は減っていると思いますが、朝一番のMuffinの尿pH値は6.0~6.4程度で落ち着いています。
ご飯に添加しているサプリのメチオニン効果かな?と思っています。
強力な抗酸化作用を持つ必須アミノ酸であり、腫瘍の成長抑制にかかわるということで添加しているのですが、尿を酸性に傾ける効果もあるようです。
[PR]
今朝のご飯
e0202201_971567.jpg

秋刀魚・サツマイモ・グリーンアスパラ・大根・人参


芋類やカボチャは1センチ角くらいの大きさだけど、ワンコは野菜の消化が得意じゃないそうなので他の野菜は基本的にみじん切りにしています。

・・・で最後の方はこうなります。
e0202201_9113970.jpg


ボウルに残ったみじん切りの野菜を残すまいと必死でナメナメ。
e0202201_9124294.jpg

e0202201_9131153.jpg


一粒たりともの残すまいと必死です。


でもボウルに張り付いた小さな野菜はなかなか取れないみたいなので、たまにお手伝い。
e0202201_914587.jpg

e0202201_9153025.jpg



食べにくそうだから、ミキサーにかけてしまえば消化も楽だし食べやすいかな?とも思うんだけど、何食べているんだか分からないっていうのもちょっと寂しい気がするのと、手伝わなくても一粒も見逃さないで食べてるってことは視力がしっかりしているってこと?なんて思ったり。

こうやってちゃんと残さず食べることが出来ている間は、今のままで良いかな。
[PR]
Muffinに癌対策用の手作りご飯を与えようと思ったきっかけは、師匠からのアドバイスでした。
切除手術を受けて4日目に次の腫瘍を発見した時のショックは大きく、再手術を受けさせるつもりでしたが気持ちはどん底、メソメソと泣き虫になっていました。
そんな時癌対策の手作りご飯を勧められ、「私に出来ることでMuffinと一緒に癌と闘おう!」と前向きな気持ちになれました。
その後も次々と出現する腫瘍を前に(その時は5個の腫瘍がありました)切除手術と副作用の強い抗癌剤治療はやめるという選択をしましたが、癌対策の手作りご飯は続けると決めていました。
正直手作りご飯で癌が治るとは思っていませんでしたが、食欲旺盛で私が作ったご飯を美味しそうに食べてくれる姿が励みになりました。
師匠から勧めてもらった本を参考にしていますが「高タンパク高脂肪低炭水化物」が基本です。

「高タンパク」にする理由
癌を抱えていると骨格筋内でのタンパク質の合成が減り、癌細胞がアミノ酸から合成された糖質をエネルギー源として利用してしまうことからアミノ酸欠乏を引き起こしてしまいます。
タンパク質の損失によって筋肉が衰え、傷の治りが遅くなったり、アミノ酸欠乏によって感染を引き起こしやすくなります。
癌になるとほとんどの場合アミノ酸レベルが異常な状態になっているそうです。
そのためアミノ酸を多く含む肉や卵などの質の高いタンパク質を充分に摂取することが必要なのです。

「高脂肪」にする理由
癌になって体重が減るのは、患者がエネルギー源として糖質を利用できなくなるため体脂肪を使って不足するエネルギーを得ようとするためです。
癌細胞はエネルギー源として糖質を好んで利用しますが、脂肪は上手く利用することが出来ません。
だから癌を抱えている場合はエネルギー源として脂肪を利用することが必要になるのです。

「低炭水化物(低糖質)」にする理由
癌になると栄養素の代謝方法、特に糖質の利用が健康な時とは大きく変わるそうです。
癌細胞は増殖するために必要なエネルギーを患者の身体から奪ってしまいます。
糖質代謝で生じるエネルギーのほとんどを癌細胞に奪われてしまうため、患者はエネルギー不足になります。
癌細胞にエネルギーを与えないようにしつつ、患者自身がエネルギーを吸収するためには糖質以外の栄養素を考える必要があるのです。
※フードに含まれている炭水化物(糖質)の量を確認してみてください。かなり多いと思います。


本に書かれている内容をかなりはしょってしまいましたが、癌が好んで栄養とする糖質が多く含まれる炭水化物を極力減らすことで癌細胞の増殖をかなり抑えられるのではないかと思います。
そして糖質で摂れないエネルギーを脂肪から摂ること、アミノ酸欠乏を補うためにタンパク質を多く摂ることも重要なのです。


Muffinの場合、再手術、副作用の強い抗癌剤治療はしないと決めてから、ステロイドの量も減らし、現在体重6kg程度で1日おきに1mgの服用です。
腫瘍に効果を期待するステロイドの量は「体重1kgに対して1mg」と聞いた記憶があるので、今の量でどの程度効果があるのかは分かりません。
それでも完全に切ってしまって再発があると怖いので、やめられないでいます。

今のMuffinに腫瘍がないのが、手作りご飯のおかげなのかどうかは分かりませんが、美味しそうに食べてくれることが励みになっています。
[PR]
e0202201_19241220.jpg



お正月と言えば「おせち」ということで・・・


作ってみました。

e0202201_19253267.jpg


「おせちもどき」ですが・・・一応雰囲気だけ!(笑)

上の段左から・・・
「きんとん」のつもり(さつまいも・かぼちゃ・りんご)
「黒豆」の代わりの「アボカド納豆」
下の段左から・・・
「ミートローフ」(クリスマスの使いまわし)
「刺身」(本鮪中トロ)
「野菜の煮しめ」(花大根・花人参・ごぼう)

食べさせる前にオイルをかけて196kcalでした。


今回も丸飲み対策として小さくカットしたりくずして食べやすくしてから・・・

e0202201_19301016.jpg


あっという間の完食でしたが、喜んでくれたのでヨシ!ですね。(笑)


今年も宜しくお願いします!
[PR]
今日はクリスマスイブですね。

Muffinの再発した腫瘍を切除手術や抗癌剤による治療はしないと決めた時には、2ヵ月後の11歳の誕生日さえ無事に迎えられるのかと不安でいっぱいでした。

だから8月に無事11歳の誕生日を祝うことが出来て本当に嬉しかった!

毎年誕生日は「腹いっぱいDAY」と命名し、カロリーのことなど気にせず量も多めの豪華版の夕食が恒例となっていました。

でも今年はちょうどその頃お腹の調子が悪くて療法食オンリーで様子を見ている時だったので、お祝いのディナーもオヤツも無しでした。

おかげさまで今はお腹の調子もバッチリ!食欲モリモリ!なので、今日はいつもと違う晩ご飯を食べさせてやりたいな~と。

でも、また下痢しちゃうと嫌なので、それほど冒険も出来ず・・・いつも使っている食材で何とかそれらしい物は出来ないかと思案して作りました。

一応ミートローフとリゾットのつもりです。(笑)

e0202201_19531049.jpg


写真撮影用にお皿に盛り付けましたが・・・
Muffinは丸飲みしちゃう可能性が大きいので、ミートローフはひと口大に切ってからリゾットと一緒にいつものボウルに移して食べさせました。


「ミートローフ」
鶏ひき肉・鶏皮・人参・サヤインゲン・おから・全卵・塩
(トマトソース)ミートローフの肉汁・缶詰のトマト・水溶き片栗粉

「リゾット」
ご飯・長芋・大根・黄ピーマン・スナップエンドウ・アボカド
ドライチップのレンコン・サヤインゲン・カリカリに焼いた鮭皮



調理方法を変えただけでほとんどいつも使っている食材ですが量もほどほどにしたので、仕上げにオイルをかけてもカロリーは182kcalです。

「見た目や調理方法なんてどうでも良いからたくさん食べたい!」っていうのがMuffinの希望だと思いますが・・・。(笑)
パウンド型で焼いたミートローフ、残りは冷凍したので、後日また食べられるからね~。



優しいサンタさんが来てくれますように!(同居犬のMinteaも特別出演です。)

e0202201_19553414.jpg

[PR]